内臓脂肪の落とし方

内臓脂肪の落とし方 付いてしまった内臓脂肪は、そのままにしておくと生活習慣病を引き起こしてしまいます。
ですが内臓脂肪は普通の生活の中で使う即戦力エネルギー、落としやすい脂肪です。
同時に付きやすい脂肪でもありますので、リバウンドしないようにすることも重要になります。
その為に、無理なく効果的にできるのが「食事療法」と「運動療法」を組み合わせることです。

食事療法

内臓脂肪肥満者には共通した点があります。
それは「ドカ食い」「早食い」「朝食を食べない」「夜食・間食が多い」ということです。
まずは早食いを直しましょう。
物を食べてから脳が満足感を得るまでにかかる時間は20〜30分かかりますので、それまでに平らげないようゆっくり食べてみましょう。
また、食事が不規則だと脂肪(エネルギー)は貯められる時にたくさん貯めようとしてしまいます。
その結果必要以上の脂肪が貯まってしまいますので、「定期的にエネルギー補給できる」ということを習慣付けましょう。

運動療法

運動療法 これが必要なのは、筋肉を落とさないためです。
筋肉が落ちるとエネルギーはそれを燃焼する場所を失い、結局脂肪になってしまうのです。
そうすると脂肪が多く筋肉は少ない、いわゆる「太りやすく痩せにくい」身体になってしまいます。
とはいえ、普段運動をしない人がいきなりマラソンやハードな運動をしても長続きしないだけでなく、筋肉痛や間接をいためたり、疲れが残ってしまうことになります。
そこでオススメなのはウォーキングとストレッチ。
ウォーキングは血圧の安定と心肺機能の向上が期待できる、簡単な運動です。
実際に脂肪が燃焼するのはウォーキングを始めてから20分はかかりますが、まずは無理をしない程度から習慣付けてみてはいかがでしょうか。
そして、その運動のクールダウンとしてストレッチをしてみてください。
やり方がわからない場合はラジオ体操でも大丈夫です。
大きく呼吸しながら気持ちいいところまでゆっくりとはずみをつけず伸ばし、伸びきったところで10〜20秒ほどそのポーズを保ちます。
ストレッチにはコリやハリをほぐす効果もありますので、雨でウォーキングができなかった場合も是非取り入れてみてください。