ニュース

ダイエットをするときに大切なのは食事と運動

ダイエットする方法は、それほど難しいものではありません。
食べる量を減らして、運動する量を増やせばいいのです。
食べる量は、極端に減らす必要はありません。
野菜や果物を中心に、栄養のバランスを考えて、
腹八分目を心掛けて食べればいいと思います。
この腹八分目というのがなかなかできないのですが、
ダイエットをするという強い意志があればできると思います。
よく噛んで食べることも大切です。噛む量が増えれば、
満腹になるのが早くなりますので、ダイエットに効果があります。
ダイエットをするには、運動が一番大切だと思います。
動くのが嫌だと、ダイエットはできないでしょう。
ダイエットに一番いい運動は、ウォーキングであると言われています。
ウォーキングをするときでなければ使えない筋肉が足にあるそうで、
そこの筋肉を使うと脂肪が燃焼されるのだそうです。
ですから、ダイエットをするなら、ウォーキングがいいでしょう。
運動を続けると、脂肪を燃焼する体質の身体になります。
ですから、リバウンドもなくダイエットすることができるのです。

2012年08月23日 10:01 更新



日々余分に摂ってしまった炭水化物や脂肪、糖分は体内で中性脂肪となります。 肥満のメカニズムは、太った中性脂肪が増殖し、皮下と内臓の両方に蓄積されていくものであるが、このうち皮膚のすぐ下に蓄積される脂肪が『皮下脂肪』です。 そして、皮膚よりずっと深い内臓の周囲に付着する脂肪が『内臓脂肪』です。

皮下脂肪は、内臓の保護やエネルギーの貯蓄といった重要な役割がある一方、必要以上の量を蓄えれば、内臓を圧迫するなどの悪影響が出てきます。 しかし、皮下脂肪よりもさらに身体に重大な影響を与えるといわれるのが内臓脂肪なのです。

内蔵脂肪とは
内臓脂肪と皮下脂肪の違い
内臓脂肪レベル測定
内蔵脂肪の落し方